バックナンバー

子育ての泉:赤ちゃんはなぜ「泣く」の?

 赤ちゃんは泣くものとわかっていても、泣き声に一日中向き合うお母さんは、ほとほと疲れてしまうこともあるもの。そもそも赤ちゃんはなぜ泣くのでしょう?
 その意味を理解していると、対処もうまくできるようになります。
 赤ちゃんが泣くことについて、産婦人科医の渡邉智子先生にお話を伺いました。

渡邉智子先生

 産婦人科医師。丸山産婦人科医院(長野市)に勤務。3児の母。自身の出産経験から、より痛みが少なく安心して分娩できるソフロロジー式出産育児法を医院で採用。ファミリー学級を通して、お母さんに妊娠中の自己管理や赤ちゃんとのコミュニケーションの大切さを指導している。

空腹や不快感など生理的要求を泣き声で知らせている

 出産直後から、赤ちゃんの泣き声に応えて、授乳やおむつ替えといったお世話に取り組むお母さん。育児の悩みを聞いていると「よく泣くので大変」という声が多く、赤ちゃんが泣くことはお母さんにとって精神的な負担になっているようです。
 生まれて間もない赤ちゃんにとって、泣くことは唯一のコミュニケーション手段。まだ言葉で表現ができませんから、おなかがすいた、おむつがぬれて気持ちが悪い、暑い、寒いなど、自分の生理的な要求を伝えるために泣いて知らせます。

 新米のお母さんの場合、赤ちゃんが何を求めているのかよくわからず、安易に授乳することで対応しがちです。まわりの家族からも「おっぱいがたりんじゃないの?」と言われ、赤ちゃんに泣かれたくないという心理も働いて、お母さんは赤ちゃんがちょっと泣くたびに、その口におっぱいをふくませてしまいます。赤ちゃんは口に触れれば条件反射的にお乳を飲みますから、体重は増える一方。でも、それを繰り返していると、赤ちゃんはおなかがすくという感覚を理解できませんし、「おなかがすいたら、泣いて知らせる」ことも学べません。
 同様に、泣かせないよう早めにおむつを替えてしまうと、「気持ちが悪い→泣いて知らせる→替えてもらうとすっきりする」という学習ができません。それが当たり前になると、自分から意志や要求を表現しなくなってしまうのです。赤ちゃんが泣いて何かを要求した時点でニーズに応えてあげるのが、赤ちゃんのお世話の基本です。


甘えて「抱っこしてほしい」と心理的要求で泣くこともある

 赤ちゃんは、不安だったり甘えたかったりして、だれかにかまってほしい、抱っこしてほしいという心理的な要求のあるときも泣いて表現します。赤ちゃんは、お母さんや家族とコミュニケーションをとりたくて泣くこともあるわけです。
   ですから、赤ちゃんが泣くたびに関心を寄せてあげることは、とても大切です。「泣いて呼べばお母さんや家族のだれかが来て、あやしてくれる、やさしくしてくれる」というやりとりの積み重ねが、赤ちゃんにとって、お母さんや家族への愛着の形成につながり、コミュニケーションの基本を学ぶことになります。泣いたらまずそばに行って、「○○ちゃん、どうしたの?」「大丈夫よ」と声をかけてあげましょう。

 どんな要求で泣いたのかは、いくつかの対応をしてあげるとあてはまり、ニーズが満たされれば赤ちゃんは自然に泣きやみます。お母さんの対応が上手になるほど、泣く頻度も少なくなってくるでしょう。
 そのように日々、対応を繰り返して経験を積むことでお母さんは、おむつが気持ち悪いんだなとか、今は甘えているんだなというように勘も働くようになり、泣いた赤ちゃんの対応が上手にできるようになっていきます。一方の赤ちゃんも、対応してもらえることで「泣いて知らせる」ことを習得します。「赤ちゃんが泣く」というコミュニケーションを通してお互いに学びながら、いい親子関係を築いていきましょう。


「泣き声発作」の場合は泣くことがストレス発散

 赤ちゃんの泣く理由として、〝ストレスを発散するため〞ということもあります。衝動的に大きな声で泣く、あらゆる対応をしても泣きやまない、一定の時間泣き続けるという状態がまさにそれ。専門的には「泣き声発作」や「コリック(疝痛)」と呼ばれ、傾向として夕方ごろに泣くことから、「たそがれ泣き」「夕暮れ泣き」とも呼ばれています。
 時期としては、生後2カ月ごろまでは泣く傾向が強まり、5カ月ごろから自然に消えていきます。時間的には30~40分持続し、抱き上げてあやそうが、どんなに慰めようが、簡単には収まりません。また、周囲の環境と関係なく始まり、原因の予測がつかないので、お母さんを悩ませることになってしまいます。夕方から夜にかけて、家事や夕食の準備で忙しく、1日の疲れもたまっている時間に泣かれると、つらくなってしまうお母さんも少なくありません。

 激しく泣き始めたら、まずいつもどおり、空腹は満たされているか、おむつはぬれていないか、室内の温度や照明、騒音などの不快な要素がないか、基本をチェックします。必要なニーズを満たした上で、まだ泣きやまないのなら、抱っこして背中をなでたり、とんとんとやさしくたたいたり、子守り歌を歌うなど、気持ちが静まるようにしてあげるといいでしょう。抱っこやおんぶをして、外に連れ出すのも効果的。ベビーカーに乗せて近所をお散歩したり、車に乗せてドライブすると、赤ちゃんは別のことに意識が向いて気が紛れ、お母さん自身もストレスの発散になるでしょう。外に連れ出す余裕がなければ、おんぶして家事をするだけでも、赤ちゃんはお母さんのぬくもりを感じて、落ち着くものです。


自分の感情をうまく発散して泣く赤ちゃんに対応を

 泣く赤ちゃんの対応に疲れ、お母さんにつらいとか嫌だという気持ちが生まれてしまうと、コミュニケーションが上手に図れなくなってしまいます。赤ちゃんは泣くだけ泣いてどんどん体力を消耗しますし、呼んでも来てもらえないからとだんだん泣かなくなり、感情を表現しない子どもになってしまうこともあるのです。毎日毎日の積み重ねですから、子どもが成長していった時には、大きな差が開いてしまいます。
 何をしても泣きやまず、お母さんも疲れてしまった時には、赤ちゃんを安全な状態に仰向けで寝かせ、そのまましばらく泣かせておいても大丈夫。自分を責めることはありません。赤ちゃんの泣き声がストレスになり、「どうしたらいいの!」と怒りの衝動が湧き上がってしまったら、いったんその場を離れること。
別の部屋で一人になり、布団やクッションをたたいたり、顔をうずめて大声を出すなどして、感情を発散しましょう。無理に感情を押さえ込まず、発散した方がスッキリし、また赤ちゃんと向き合う元気も出てくるものです。
 家族の助けを借りられるなら、赤ちゃんの大泣きが始まった時点で家から連れ出してもらい、30分程度のお散歩をお願いしましょう。泣き声からしばらく離れると、お母さん自身の気持ちも落ち着いてきます。赤ちゃんはお母さんのイライラを感じ取ってしまうこともあります。お母さん自身が上手に気分転換を図り、できるだけリラックスして穏やかな気持ちで接することが、赤ちゃんの情緒の安定にもつながっていきます。

【育児情報誌「miku」より転載】